蓮華遊子 – 捜索03

「──ほら、もう大丈夫」

 表紙橋を渡り、シャーレアン学士街へ差し掛かろうかというところで、一行はいきなり魔物退治に奔走する羽目になった。

 イディルシャイアに戻ろうとしていたトレジャーハンターが迂闊にも魔物と遭遇したらしく、あわや捕食されようかというところに居合わせたのだ。

「いやあ、助かったよ。今回ばっかりはマジでダメかと思ったぜ」

 先ほどまでの情けない顔はどこへやら、救助されすっかり気が緩んだのか、トレジャーハンターは地面にへたり込んだまま締まりのない顔で笑う。──ヴァヴァロがこのトレーハンターを助けるのは、実のところ、二度目であった。

「もう! だから前回あんなに言ったでしょ! また襲われてても、次は助けてあげないからね!」

 いまいち反省の感じられない男の言葉にヴァヴァロは地団駄を踏む。こうして無謀な冒険者やトレジャーハンターの救出に翻弄されるたび、ペイルライダーの捜索が遅れていくのだ。せめて魔物に見つからないだけの慎重さを、さもなくば魔物とやり合えるだけの人数で行動してほしいものだ、と思わずにはいられないヴァヴァロである。

「もう、無茶して死んじゃったら元も子もないのに! なんであんなに向こう見ずかなー!」

 トレジャーハンターを表紙橋まで送り届け、その背が遠のくのを見送ると、ヴァヴァロは唇を尖らせた。

 結局、少し進んだかと思えば後退するという、ヴァヴァロたちにとっては幸先の悪い捜索開始になってしまった。

「なーに言ってんだ。おめーだってちょっと前までは同じようなもんだったろ」

 肩をすくめて言うアルテュールをヴァヴァロは振り仰いだ。

「あたしはもっとしっかりしてたよ! ひとりで無茶して危なかったことなんて……ほ、ほとんどないし、魔物に感づかれるなんてドジ踏んだことも……ほとんどないし……ましてや振りきれないなんてことも──な、ないよ!」

 若干しどろもどろになりながらも──実際かなり見栄の入った主張をするヴァヴァロに、アルテュールは全てお見通しと言わんばかりの底意地の悪い笑顔を浮かべた。

「へーへー。すぐに泣きべそかいてたヴァヴァロちゃんが、成長しまちたねー」

「なんでいま言うのー!?」

 仲間内ならまだしも──仲間内でもからかわれるのは恥ずかしいが──、出会ったばかりの人物の前で昔の醜態を暴露されるのはやはり堪らなく恥ずかしい。

 思わずアルテュールにぽかぽかと拳の連撃を加えていると、バドマとテンメイは顔を見合わせ、そして軽く吹き出した。

「ほ、ほんとですよぉ!」

 半ば涙目のヴァヴァロをよそに、大人たちは和やかな空気に包まれたのであった。




「朽ちた街並みというのはうら寂しいものじゃな……」

 気を取り直してシャーレアン学士街へと向かった一行は、住む者の去った街路を警戒しながら進んでいった。

 手入れする者もいないため、かつては栄えていたであろう街並みも、いまや廃れて久しい。

 バドマは周囲を見渡しながら、感慨深そうに呟く。その横を歩きながらヴァヴァロも頷いた。

「立派な建物ばっかりなのに、住む人がいないのはもったいないなって、よく思います」

「ほんに。これほど水に恵まれて、しかも気候もよい土地柄だそうではないか。シャーレアンの者というのは、随分と思い切ったことをする者どもよの」

「シャーレアンの人たちが撤退したから、あたしたちがイディルシャイアを活動拠点にできてもいるんですけどね」

「万事は移ろいゆくということじゃな」

 そうですね、と笑ってから、ヴァヴァロは首を傾げながらバドマを見上げた。

「バドマさんは、旅に出る前はどんな暮らしをしていたんですか?」

「旅に出る前か。──旅をしておったな」

 きょとんとしたヴァヴァロにバドマはちらりと笑ってみせる。

「妾が生まれ育った部族は、定住して暮らすことはせぬのじゃ。家畜を放牧し、獲物を追い、季節とともに草原を巡って暮らしておった」

「ええと、遊牧民ってやつですか?」

「街の者は我々をそう呼ぶようじゃな」

「テンメイさんも?」

「奴は街の者じゃ。今は旅の身ではあるが」

「へえ……」

 後方でアルテュールと二人、周囲を伺いながら歩くテンメイを振り返った。

 白い鱗と黒い鱗。街の民と遊牧の民。

 種族違いの婚姻も今では珍しくないと聞くが、この一見、不仲に見える時さえある夫婦がいかにして契りを結んだのか、あれこれと聞いてみたい気がするヴァヴァロである。出会ったばかりで質問責めにするのは失礼だろうと、遠慮して今は聞けないが、機会があれば聞いてみよう、と密かに考えた。




「ヴァヴァロ、そっちはどうだ?」

「んー、影も形もなーし」

 見晴らしの良い場所まで来ると、崩れて登りやすくなった塀に乗り上げ、ヴァヴァロはぐるりと辺り一帯を見渡した。

 見渡す限り廃墟の街並み、サリャク河の豊かな水の流れ、のんびりと空を進む雲。なんとも長閑な景色が広がるだけだった。

 ひとつため息をつくと、ヴァヴァロは軽い身のこなしで塀から飛び降りた。

「山のほうに潜んでんのかねぇ」

「昼間は寝てるのかなぁ」

「どうだ、旦那。なにか感じねぇか?」

 アルテュールに問われ、テンメイは耳を──否、角を澄ますように瞑目した。

 しばし瞑想するように黙り込んでいたが、やがて諦めるように首を横に振った。

「……なにも」

「これまでに夜の巡回は?」

 バドマの問いに、ヴァヴァロとアルテュールは顔を見合わせた。

「何度か。でも日中と変わりなくて」

 言いながらヴァヴァロは肩を落とす。偶然、運が悪くペイルライダーを発見できなかったのか、それともペイルライダーの習性によるものなのかは分からない。第一、今日のように冒険者やトレジャーハンターを救出するために捜索を中断せざるを得ない状況が多く、低地ドラヴァニアの奥地までなかなか巡回できていないのも、捜索が進まない理由のひとつだった。今日はそもそも出発が遅かった。太陽は徐々に西へと沈んでいる。

 またひとつため息をこぼしてから、ヴァヴァロは三人の顔を見やった。

「……うん。今日は人手があるし、できるだけ急いで奥地に向かって、夜も交代で見張るのがいいかも。夜が明けたら、巡回できなかった場所を確認して、一度イディルシャイアに戻ろう。それでどうでしょう」

 最後はバドマとテンメイに尋ねる。二人は顔を見合わせると、すぐに頷いた。

「異存はないな」

「よし、じゃあここからは手分けして行きましょう。アルテュール、テンメイさんと一緒に南をお願い。橋のところで合流しよう。バドマさんはあたしと一緒に。明日はお互い逆のルートを巡回しながら街に戻ろう。どうかな?」

「あいよ」




「すごいなぁ……」

 急ぎ足で北回りのルートを見巡る道中、唐突に息を潜めるようバドマに指示されペイルライダーの出現を予期し身構えたヴァヴァロだったが、バドマが目をつけたのは丸々と太った鳥、コカトリスだった。こちらに気がつく前に片付けるべきか、と弓を構えかけたヴァヴァロを制し、バドマは数歩コカトリスに忍び寄ると、強烈無比な一撃で見事にコカトリスを仕留めたのだった。

 そのあまりに鮮やかな狩りに、ヴァヴァロは思わず感嘆のため息をもらしてしまう。

 バドマは仕留めたコカトリスを手早く処理しながらこともなげに笑ってみせた。

「妾のいた部族では、この程度の獲物も狩れぬようでは笑い者になるな」

「へええ……」

 ただただ羨望の眼差しを向けてくるヴァヴァロに気がつき、バドマは言葉を加える。

「妾が生まれ育った部族はダズカルと言ってな。狩りの腕に関しては、他の部族に引けを取らぬと自負しておる。幼い頃より弓を手に育ち、馬を駆り草原を巡って暮らしてきた。弓の腕が立たぬ女は一人としておらぬ」

 ヴァヴァロはきょとんと目を丸くする。

「女の人だけ……なんですか?」

「ダズカルでは女が狩りをし、男が家を守るな。どうも他の部族や地域では違うようじゃが」

「たしかに、あまり聞かないかも……」

 ヴァヴァロの反応に、バドマは軽く苦笑する。

「妾が旅に出て一番驚いたのは、女が家を守り、男が外で働いていたことじゃ。確かに市に行けば男たちが働いておったから、頭ではわかっていたつもりなのじゃが。まさかどの土地を訪れても男女の役割が逆転しているとは思わなかったの」

「へえ……」

 アウラ族、その中でも黒い鱗を持つゼラは一風変わった風習を持つ部族が多い、と風の噂で聞いたことはあったが、実際にアウラ族の者から話を聞くのはこれが初めてだった。

「それでテンメイさんに──」

「うん?」

「えーと、男らしく接するんだなって」

 まるで亭主関白のように──と、思ったままの言葉が口をついて出そうになり、ヴァヴァロは慌てて言い直した。

 ヴァヴァロの評に、バドマは苦笑を深くする。

「男らしいか。そう言われるのにはいまだに慣れぬが、褒められたようじゃな?」

「あっ、えーとこれは、嫌味じゃなくて……」

 しまった、とヴァヴァロは慌てて手を忙しなく振る。男女の役割が逆ということはつまり、自分たちとは言葉の感覚も逆転しているのだろう。

「分かっておる。やれやれ、旅に出て長いが、身に染み付いた慣習はなかなか抜けぬのう」

「ダズカルで男らしい人って、どんなふうなんですか?」

 おずおずと尋ねると、バドマはふむ、と考えるようにした。

「概ねこちらの者たちが女らしい、と評する人柄とそう変わらないであろうな。細やかな気遣いができ、控えめで慈悲深く、妻と子をよく支え、働き者であることが良いとされるな。基本的に移動以外では天幕から出ないゆえ、不必要に天幕の外をうろつく男ははしたないと叱られる」

「は、はしたない……」

 アウラ族の女性は総じて華奢な外見をしている。対して男性は総じて上背があり立派な体躯の者が多く、同じアウラ族でありながら男女の差が大きい種族だ。そんな逞しい外見の男性がせっせと炊事や洗濯をし、華奢な外見の女性ばかりが狩りに出る光景を想像すると、微笑ましいような混乱するような、えも言われぬ気持ちになってしまうヴァヴァロである。

「じゃあ、女らしい人は……?」

「これもこの地域の男と大差ないであろうな。女、つまり妻となる者は一家の柱じゃ。勇猛果敢で決断力に優れ、広い視野で物事を見通し、一家や部族をより良き明日へと導くこと。夫と子を養い、飢餓や病気、災厄から守れる者が、ダズカルでは立派な女とされる」

 なるほど、と呟いて、ヴァヴァロは情報を頭の中で必死に整理する。バドマとテンメイの夫婦としての有り様に困惑していたが、これで合点がいった。つまるところヴァヴァロの常識で表現すれば、バドマが夫で、テンメイが妻なのだ。それにしたって亭主関白気味なことには変わりないような気がするのは、それが単にバドマの性格なのか、ダズカル族の特徴なのかは、さすがに恐れ多くて聞けなかった。同時に、アウラ族の外見の印象にかなり先入観を抱いていたことに気がつき、世界は広いのだな、などと思うヴァヴァロである。

「どうもこのはなしをすると驚かれることが多いな。この地域の者たちとは男女の概念がかけ離れておるか?」

 なにやら考え込んでいるヴァヴァロに苦笑しながら、バドマはコカトリスの処理を進める。

 バドマの言葉に、ヴァヴァロは改めて首をひねる。

「んっと、あたしもあんまり詳しくないんですけど、聞いた限りだと東方の人たちに近いのかなって」

「ふむ、それは確かにそうかもしれぬな」

 亭主関白、恐妻家、鬼嫁、愛妻家、良妻……知り合いに所帯を持つ人間が少ないので参考になりそうな例が即座に浮かばなかったが、バドマの話を聞く限り、二人の夫婦としてのあり方は、噂に聞く東方の夫婦関係に近いように感じた。もっとも、本当に噂程度でしか東方の男女のあり方は知らないのだが。

「さて、夕餉の獲物も得たことだ。先を急ごうではないか」

 仕留めたコカトリスの処理を終えると、一人うんうんと唸るヴァヴァロにバドマは笑って見せるのだった。




 学士街を抜けた先、シャーレアン哲人街にある壊れた橋の袂で合流した四人は、浅い水辺──クイックスピル・デルタを一望できる場所で夜営をすることになった。もともと出発が遅かったこともあり、いままでなかなか足を伸ばせなかった場所まで日が暮れる前に到着できるか心配だったが、四人とも旅慣れているのが幸いしたのか、太陽が残るうちに合流することができた。四人とも旅慣れているので夜営の支度に手間取ることもない。これでようやくいつもと違う地点を見張れると、正直なところ、ヴァヴァロはかなりほっとしていた。

「おいしい……!」

「う、うめぇ!」

 食事も簡単な携行食で済ませるつもりだったヴァヴァロとアルテュールだったが、バドマが仕留めた新鮮な食材もあり、それをテンメイが慣れた手つきで調理をしてくれたので、滅多になく──二人にとってはとても──豪華な食事となった。肉を調味料で煮込んだだけの簡素なスープだったが、まず街でなければ──二人にとっては──口にできない味に、二人は感激していた。

「うむ、今夜の膳も美味じゃな」

 夫の料理にバドマも舌鼓を打つ。

「すごい。テンメイさん、料理が上手なんですね」

「俺ら二人だと味気ねーメシばっかだからな。おかわりが残ってたりは……」

「器を」

「アルテュールずるい! あ、あたしも……」

 あっという間に平らげた二人にちらりと笑い、テンメイは器を受け取る。

「妾ももう一杯もらおうかの」

 バドマも空になった器をテンメイに差し出した。二杯目を注いだ器を二人に戻しながら、テンメイは自分の番を待つ妻を一瞥した。

「自分で盛れ」

 素気無く言われ、バドマが一瞬、きょとんとした。

 すぐに拒否されたのだと気がつき、途端に顔を赤くする。

「つ、妻に奉仕するのは夫の務めであろう!」

「ダズカルの間ではな」

 言いながらテンメイが自分の器に二杯目を注ぐので、バドマはますます頬を赤くする。

「ええい、柄杓を貸せっ」

 テンメイの手から柄杓をもぎ取ると、バドマは乱暴な手つきで自分の器に料理を注ぐ。

 二人のやり取りに呆気に取られていたヴァヴァロだったが、妻の様子をちらりと横目で見たテンメイが再びつんと目をそらすのを見かけ、ふと──テンメイがイディルシャイアで、それも衆目のある場所で妻に罵倒されたことに対して小さな仕返しをしたのだろうかと思い、思わず吹き出してしまう。寡黙でなにを考えているのか分かりづらいテンメイであるが、案外、考えていることは自分やバドマとそう変わらないのかもしれないと、そう思えた。

「これ、なにを笑っておる」

「な、なんでもないですっ」

 バドマに見咎められ、ヴァヴァロは慌てて手を振る。

 その様子を横目で見ていたテンメイが軽く笑ったのを見て、ヴァヴァロを確信を深め、再び吹き出しそうになるのを慌てて堪えた。

「バドマさんってこえーよな」

 怒っているのか、料理に八つ当たりするように食べるバドマを見て、同じく呆気に取られていたアルテュールがヴァヴァロに呟いた。

「あのね、バドマさんは……」

「聞こえておるぞ」

 ダズカル族は男女の役割が逆なのだ、とそっと教えようとしたヴァヴァロだったが、バドマに見咎められ、アルテュールとともに慌てて口を噤むのだった。




 なんやかんやと騒がしく過ごした後は、交代で見張りをしながら各々眠りについた。

 ヴァヴァロも自分の番を終え、しばらくは眠りについていたが、夜の冷気にふと眠りが途切れてしまった。

 しばらくは毛布に包まったまま横になっていたが、いまは誰が見張りをしているのだろうと、重い瞼を薄く開き、軽く周囲を見渡す。

 焚き火越しに広く大きな背中が見え、それがテンメイの後姿だと分かった。

 そのままもう一度眠りにつこうとしたが、いまいち意識が落ちていかず、諦めて起き上がる。

 気配に気がついてテンメイが振り返った。

「テンメイさん、どうですか?」

 毛布に包まったままテンメイの横に立つ。

 テンメイは月明かりに照らされたクイックスピル・デルタに視線を戻し、再び瞑想するように瞑目した。

 ──アウラ族には他の種族のような耳がなく、角がその役割を果たしているという。

 なんとなく、テンメイが角に意識を集中しているのだろうと思い、ヴァヴァロはじっと息を潜めた。

 焚き火が風に揺れるたび、月明かりに落ちた二人の影がゆらりと揺れる。

「……かすかに……何かは感じる……」

 ようやく口を開いたテンメイに、ヴァヴァロは思わず目を見張った。

「ほんとですか!?」

 慌てて周囲を見渡すが、ヴァヴァロには異形の「何か」の姿も、気配さえも感じ取れない。

 さらに集中するように瞑目したテンメイだったが、しばらくして諦めたようにため息をこぼした。

「……わからない。探しているものとは別の気配かもしれない……」

「やっぱり隠れてるだけで、この辺りにいるのかなぁ……」

「……時期に備え、力を蓄えているのかもしれないな……」

 そうですね、と呟いて、ヴァヴァロはテンメイの横に座る。空を見上げると、満ちかけた月が白々と輝いていた。

 それからしばらく、テンメイの真似をして必死に意識を凝らしていたヴァヴァロはしかし、いつの間にか微睡み、こてりと横になってしまっていた。

 なんとか起き上がろうと足掻いたもののどうしても起き上がれず、ついに深い眠りへと滑落していった。

 微睡みの中で最後に感じたのは、ふと微笑む気配と、優しく毛布に包まれ直す感触だった。